空室情報を送るタイミングはいつがベストなのか。

不動産業界は少しづつIT化していっています。
とはいえまだまだ、古臭い業界だと思います。

今でも資料のやりとりでFAXが使われていたりします。空室情報や客付けしてほしい物件の図面なんかはFAXで送る。そんなエリアも多いのではないかと思います。都心の場合だと物確.com みたいなITを使っているところが増えてきているのかもしれませんが田舎なんかは紙の空室一覧をFAXで送ってやり取りしているところもまだまだ多いんじゃないかと思います。

物件を客付けしてほしい家主の立場からすると、できるだけ仲介会社に客付けしやすいように情報の提供をするべきです。

仲介会社が古臭い感じでFAXでほしいというならFAXで資料は送るべきですし、綺麗なPDF図面で資料がほしいという業者にはメールで送るかダウンロードできる環境が必要だと思います。

なにより仲介会社は扱いにくい物件を嫌う傾向があるので、扱いやすい物件にする必要があります。

同じ広告料で同じスペックの物件なら確実に扱いやすい物件が優先されます。

空室情報を送るタイミングはいつがベストなのか。

ここからが本題ですが、例えば自主管理で戸建てを1戸保有していて現在募集中だとしたら、まずはその物件を認識してもらう必要があります。そのため初期は業者回りなどで物件のPRの必要性があります。

そして一度PRしただけでは記憶には浅いので、定期的に空室ですよ!ということをPRしたい訳です。

ここで有効なのがFAXです。FAXだと自動印刷されて必然的に目に入る可能性が高いです。(PC保存で自動印刷になってないところもあるとは思いますが、ほとんどの賃貸仲介店は自動印刷にしてるんじゃないかと思います。)

さらに効果度を上げるために送付タイミングについても考えるべきです。

部屋を探しに来るお客さんが来客するのは土日が一番多いです。これは必然的にどこでも同じだと思います。

そして、事前にネットなどで物件反響を入れて来店するわけです。そして来店前に探している物件条件を伝えている(聞き出している)ケース多いと思います。

土日に来店されるお客様に向けて営業マンは準備するわけですね。明日のお客さんどの物件あてようかな。。って考えたり準備するんです。

そう。つまりこのタイミングなんですよ!。 土日に来店するお客様に向けて準備する金曜の夜!この時間がベストなんです。

なにあてよっかな。って準備してる時にFAXで資料流れてきたら、あっこの物件あてれるな。あっこの物件いいんじゃん!てなる可能性が高いです。

なので、定期でFAX配信するなら金曜の18時~20時くらいがベストです!!

関連記事一覧