低コストなリフォーム業者の探し方

管理会社に依頼せず自主管理している場合や、管理は委託しているがリフォームは自ら発注しているという場合、どうやってリフォーム業者を決めていますか?

工事業者の事業構造について知る。

例えば1室丸ごとリフォーム工事をする場合。1社単独で工事が完結するわけではなく複数の工事業者により工事が行われます。

安くリフォームを発注するためにはこの1社単独ではなく複数の専門工事業者により工事がおこなれるという事業構造を知っておく必要があります。

工事の発注を受けた工事業者がどの工事領域まで自社職人を活用し工事を行うのかによってその工事原価が大きく変動するからです。当然ですが、中間マージンの少ない自社職人が施工する場合の方が工事原価は安くなります。

低コストリフォーム業者の探し方

インターネットを集客に活用している工事業者は仕事の依頼が集中しているため値引き交渉に応じてくれる可能性が低いです。

なので、私がオススメするのはタウンページです。

さらに詳しく言うならば、タウンページに大きな広告を出している工事業者はタウンページ検索するユーザーからの仕事が集中しており、インターネット集客の業者同様、値引き交渉に応じてくれる可能性が低いです。

より低コストでリフォーム工事を仕上げたい場合、一般的な元請け業者(集客、営業などに力を入れている)はアプローチするべき業者ではありません。

アプローチするべき業者はタウンページに大きな広告を掲載しておらず、普通に屋号と電話番号、住所だけ記載しているような工事業者です。

中でも屋号に工事業種がついている工事業者がよいです。

例えば、田中水道工事店や鈴木内装工事店のような一目で業種がわかるところです。

田中水道工事店のような水道工事と屋号に入っているところは当然メインの仕事は水道工事であり工事は父と息子、経理は奥さんがやっているなど親類だけで営んでいるケースが多いです。

こういった業者は社員を余計に抱え込んでおらず、事務所家賃や事務員の人件費など余分なコストがかからない会社である高い。こうった会社は維持コストの高い一般的な会社や元請け業者に比べて会社に残す内部留保も少なく済むため値引きに応じてくれる可能性が高いです。

低コストでリフォーム工事を行うためにはこういった構造上安くだせる業者を見つけることが重要です。

関連記事一覧